読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日以上の日記が続いたことのない俺が。

大学4年間を振り返るもの。書き手にも読み手にも見返りはない。

日本人であるとか、外国人がいるとか。韓国5日間の記

f:id:satokai0216:20160913004858p:plain

僕が日本人として生まれたことにはどんな意味があるのだろう

 

韓国にいる間、ずっと考えていたこと。

困ったことに頭から離れなかった。

 

韓国に着いた時、なによりも最初に、もしかしたら空気を吸うよりも先に『日本と同じだ』と感じた。

建物が一緒。電車の形も一緒。広告の出し方も一緒。

人の手で作られていく物にはもう、驚くほどに違いがない。

 

つまらないな、グローバルスタンダード。

 

外国は遠くて、そして異なるから魅力的なのに、なにもかもが同質化していく。

みんなユニクロみたいな服を着て、スタバみたいなコーヒーを飲んで、トヨタみたいな車にのって、なにからなにまで同じになっていく。

ユニクロで買ったTシャツを着て、スタバのコーヒーを飲みながら思った。

 

まるで日本にいるみたい。

韓国はそんな印象だった。

 

周りの言葉はわからない。

隣の人に話しかけても言葉が通じない。

なんで言葉が通じないんだ、こんなに同じ物に囲まれているのに言葉が違うって異常だ、そんなふうに思った。

 

人工物が同質化していくのなら、違いを感じさせてくれるのはきっと人間自身だろう。

 

韓国人は少し、日本人より気が短いかもしれない。

車の運転が日本人よりも荒かったし、人混みでも迷わずにアクセルを踏む。

バイクに乗るときにノーヘルの人がかなり多かった。え、韓国はノーヘルでもいいのかと思って聞いてみたら、そりゃまぁイリーガルだけど目を瞑る人が多いらしい。

 

食卓に並ぶのは色鮮やかな赤色。

あれは食の火炎放射だ。僕の口の中を燃やし尽くす気だ。

日本で人気の韓国料理、たとえばプルコギとか、ビビンバとか、韓国冷麺とか、それらがどうして人気なのかわかった。

あれらは韓国料理の中でも特に日本人の口に合うんだ。

名前知ってるやつは美味しかったし、名前知らないやつは日本でも食べたいなとは思わなかった。

 

韓国人はキムチとか、レッドペッパー系の辛さには強いけど、ブラックペッパー系の辛さには弱い。

だからあんなに激辛な物を好んで食べているのに、インドカレーとか韓国人はぜんぜん食べない。

 

トイレのウォシュレット、日本では「おしり」なのに、韓国では「洗浄」。

これはまぁ、比較的どうでもいい違いだな。

 

 

日本人は忍耐強いよねと言われた。たしかに僕のお腹はゆるゆるで突然の腹痛によってウンチを漏らしそうになったことが何度もある。だけど、漏らしたことは一度しかない。絶体絶命を乗り越える忍耐強さを誇ってもいいのかもしれない。

 

だけど、だけど日本と韓国なんて微々たる差だ。

そりゃ昔はぜんぜん違ったんだろう。

食事も服も、建物も美的意識も。

でも今なんて、間違い探しをしてるみたいに、ちょこっと文化が違うだけ。

 

韓国人と自分なんて誤差しかない。

たまたま韓国人を韓国人だと認識して、僕を日本人だと認識するだけに違いない。

 

なんで俺は日本人なんだ。

別に嫌なわけではない。

ただ、日本人である必要性を感じないんだよなぁ。

 

 

日本軍人が朝鮮人に強制労働させていた洞窟を見た。

中には鬼のような顔をして朝鮮人を監視する日本軍人の像があった。

あぁ、悪い顔をしているなぁと思った。

洞窟のすぐ隣には慰安婦像があった。

慰安婦像だなぁと思った。

だって、僕には関係ないだろう。

もし僕のひいお祖父ちゃんが韓国人に殺されたなんていう歴史があっても、僕はきっと韓国人を憎まないし、だから君たちも僕を日本人だからといって憎まないでよ。

そんなふうに思った。

 

韓国人の青年に問われた。日本の歴史教育についてどう考えているのか。竹島についてはどう考えているのか、と。

 

別にどうも思っていないよ。

強いて言えば、お互いにどうも思わなくていいと思っているよ、と。

 

韓国人のお爺さんに言われた。私とあなたでは良い関係が築けるのに、国と国では上手くいかないね。

 

本当にそうだねと心の中で答えた。

 

歴史問題については、どれだけ両者が互いに未来建設思考を持って議論できるかが重要だと思う。

過去を怒って、未来を憎むために歴史を学ぶくらいなら、ハッキリ言って歴史なんて学ばないほうがいい。知らないほうが幸せだった、それで済ませちゃえばいい。

歴史を学ぶなら、未来を良くしていくために。

 

 

 

僕は個人として存在しているけど、同時に組織の中にいることを強制されている。

身の回りの友人は選べる。学校も選べる。会社も選べる。

だけど、国籍は選べなかった。自分の国の抱える歴史は選べなかった。

それが勝手に僕のなにかに干渉してくるんだ。

 

僕の周りにはかっこいい大人がたくさんいて、日本の未来を真剣に考えている。

だけど僕にはまだ、日本人として『日本のために、自分にできることを』という気持ちは芽生えてこない。

隣の人のために、それだけで精一杯だったりもする。

スポーツの世界で活躍する日本人をみると嬉しい。

だけど、それはきっと、日本のためじゃなくて、彼らがより身近に感じるからに他ならない。

比較的、日本人選手のほうに勝ってほしいと思っているだけなのかなぁ。

 

 

僕は別に韓国人でもよかったんじゃないか。中国人でもよかったんじゃないか。

なんなら欧米人でもよかったんじゃないか。アフリカ人でもよかったんじゃないか。

 

 

日本人じゃなくてもよかったんじゃないか。

 

 

アイデンティティがない。生まれない。らららら。

アイデンティティがない。生まれない。らららら。

 

 

気付きたいけど、まだなかなか気付けない。

 

 

日本そっくりな韓国に行ってみて、分かったふりをしていた自分が、分かっていなかったことにだけ気付けた。

 

 

 

ひとつだけ、もしかしたら

日本が僕に干渉をしてくるから僕は日本人なんだ。

 

 

教育基本法が改正されて、愛国心を育むことが教育の現場に求められるようになったんだね、知らなかった。

伝統文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」

 

愛国心

 

どうやら僕は日本を愛さなきゃいけないみたい。

少なくとも、これからを担う子供達はそんなふうに教育されていくんだ。

 

僕は、日本の愛し方は人それぞれでいいと思う。

愛するか、愛さないかも人それぞれでいい。

 

でも教育基本法に規定されてしまった。

 

たぶん、学校が教えてくれる国の愛し方には答えがある。

学校はそういう場所で、学校教育はそういうものだから。

それ以外の答えは全部、ペケ。

たぶん僕の愛し方はペケ。

 

 

国は僕にどんな態度を求めるのだろう。

 

やっぱり僕は生まれた国を選べない。

僕は日本に生まれた、それだけが僕の選択肢だ。

だから、日本のこれからは勝手に僕に干渉してくる。

 

僕は韓国人じゃなくて、どうやら日本人でなきゃいけないみたいだ。

 

それなら、日本人をもっと体感しなきゃなぁ。

 

どうやったら日本人をもっと体感できるかなぁ。

 

 

 

あ、そうだ。ブラジルにチョンマゲで行こう。

 

リオから東京へ繋ぐチョンマゲ侍の卒業旅行 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

100万円以上を集めたクラウドファウンディングの面白いプロジェクト8選

f:id:satokai0216:20160910024645j:plain

 

『チョンマゲ卒業旅行inブラジル』成功を目指して僕がいま挑戦中のクラウドファウンディング。

 

 

クラウドファウンディングって、他にはどんな企画があるの?という人のために、100万円以上の支援を獲得しているプロジェクト例を8個紹介していきます!

 

タイトルがリンクになっているので、プロジェクトの詳細が知りたい方はジャンプしてみてください!! 

 

多機能ソフトスーツケース「CARRYCO」キャリコ登場! 

f:id:satokai0216:20160912013932p:plain

 

支援総額228万円 

パトロン数82人

 

「両開きのスーツケースは使いづらいなー。」と思ったことありませんか?

荷物がパンパンになって乗っかって閉じたり、空港やホテルで出し入れするのに半分に開くので場所をとったりします。

なので、立てたままフタ側10%と本体側90%に荷物を開ければ楽だよね!という発想から今回の「Carryco」が登場しました。

 

 

 

忘れものにさようなら。「sticknfind」を日本に向け実現したい!

f:id:satokai0216:20160912014423p:plain

 

支援総額224万円 

パトロン数187人

 

もう忘れモノや失くしモノをすることはありません。
貼りつけたモノの位置をお使いのスマートフォンから探せる25セント玉サイズのボタンステッカー。

 

 

 

 

 

発達障害者のために世界で通用するプログラミング、デザインを学べる場所を創りたい 

f:id:satokai0216:20160912014829p:plain

支援総額553万円 

パトロン数55人

 

発達障害を抱えた人たちにプログラミング、デザインが学べる機会、場を提供し、就職を支援する施設を2016年6月に東京都渋谷区に開所・運営するための資金を集めています。

 

 

 

 

為末大、プロジェクト始動。「爲末大学、開校~議論出来る人間を育てたい」

f:id:satokai0216:20160912015125p:plain

 

支援総額181万円 

パトロン数270人

 

為末の他、経済と医療の各分野の第一線で活躍するプロフェッショナル2名のスピーカーを迎え、講義を実施します。
その後、為末自らがファシリテーターとなり、講義の内容を踏まえ、ご参加頂く皆さまと講師が共に議論を行い、理解を深めて頂くプログラムになっています。
また、そのプロセスを通じ、様々な角度から議論し合い、自分の言葉で議論することの面白さと難しさを学んで頂きたく本プロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

 

 

2.5次元・腹黒17歳アイドル「大森杏子」が伝説のアイドルを目指すプロジェクト!

 

f:id:satokai0216:20160912015418p:plain

 

支援総額186万円 

パトロン数65人

 

伝説のアイドル目指し順風満帆な日々を過ごしていた大森杏子にアクシデントが発生!

何と「大人の事情で、2017年のスケジュールが白紙状態。。」

存続はクラウドファンディングの成功のみ!

存続をかけ「大森杏子プロジェクト2017」を立ち上げる!!

 

 

 

 

僕らの町を作ろう!

f:id:satokai0216:20160912015657p:plain

 

支援総額361万円 

パトロン数1338人 

 

2015年の夏、一ヶ月間だけ東京・青山に姿を現した夢の町『おとぎ町』。
木箱の匂いと三角フラッグがたなびく空間には、アイリッシュ音楽と子供達の笑い声が響き、期間中の来場者数は1万人を越え、町が無くなった後も熱は冷めず、僕はもとより、あの空間に魅了された全ての人々が『おとぎ町』の復活を望んでいました。そんな折、埼玉にある緑溢れる土地をお譲りいただく機会に恵まれました。
僕はこの場所を個人的に使うのではなく、ここに、あの夏、皆から愛された『おとぎ町』を作りたいと思いました。

 

 

 

 

ゲーセンを一世風靡した名作「スーパーリアル麻雀」の最新作アイドル麻雀を作りたい 

f:id:satokai0216:20160912015914p:plain

 

支援総額595万円 

パトロン数281人

 

ゲームセンターで大流行した脱衣麻雀の代表作に「スーパーリアル麻雀」があります。7シリーズがリリースされ、ゲームから飛び出した美少女キャラクタだけが今もスマホゲームとして継続しています。開発してきたご縁で弊社が権利を継承しました。今風の新しい美少女キャラを追加し、アイドルセクシー麻雀をリリースします。

 

 

 

 

子どもたちのための長野県北八ヶ岳の寺子屋にトイレを作りたい!

f:id:satokai0216:20160912020159p:plain

 

総支援額201万円 

パトロン数130人

 

人生たくさんのハナレな体験を通して子どもたちに成長してほしい!北八ヶ岳寺子屋もとい農業体験野外教室“ハナレ”を作りましたが、トイレまでは手が届きませんでした。ぜひご支援のほどよろしくお願い致します!

 

 

 

 

以上、厳選8選でした!

クラウドファウンディングは、応援したいと思った企画を支援してリターンをもらう仕組みです!

支援する手順はめちゃくちゃ簡単です!

プロジェクトを探す - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

ここから自分が気に入るプロジェクトを探してパトロンになってみるのがオススメです!

 

 

…もし、もし僕の企画『チョンマゲ卒業旅行』に興味を持っていただけたら応援おねがいします!!

camp-fire.jp

韓国のトイレの秩序を正している。

5日間の韓国訪問、4日目の夜です。

 

父親の用事に荷物持ちとして同行し、現地の方々のおもてなしで24時間おなかいっぱい状態が続いています。

 

キムチを食べたり、

 

f:id:satokai0216:20160911004055j:plain

 

 

 

うどんを食べたり

 

f:id:satokai0216:20160911004144j:plain

 

 

 

タコを食べたり

 

f:id:satokai0216:20160911004121j:plain

 

よくわからない所で寝転んだり、

 

f:id:satokai0216:20160911004317j:plain

 

 

 

 

よくわからない所で寝転んだりしていました。

 

 

f:id:satokai0216:20160911004349j:plain

(韓国ソウルのロッテワールドで開催されているteam Labの作品です。)

 

 

 

 

 

美味しいものをたくさん食べたり、貴重な経験もできて大満足中です。

 

 

 

…が、しかし、その間にも僕は巨大な悪と戦っていたのです。

 

 

 

その悪は、トイレの中に潜んでいました。

 

その姿がこちら。どどーん!

 

f:id:satokai0216:20160911003435j:plain

 

 

 

…ご理解いただけただろうか、この圧倒的な不秩序を。

 

 

そうです。

 

これ、トイレットペーパーを入れる向きが反対。

 

この角度から見た場合、トイレットペーパーは反時計回りに装着されているべきだ。

しかし、ソウルメトロ2号線の通る落星垈駅にあるこのトイレにおいては、なんと時計回りで装着されているのだ。

 

f:id:satokai0216:20160911003435j:plain

 

この異変に気付いた僕は、韓国にある他のトイレの紙状況の調査を行い、あろうことか韓国全土においてトイレットペーパーのいれ方が反対という結果を得た。

 

 

なんてことだ。韓国という世界は鏡の中の反転世界なのか…?

 

 

 

とにかく、トイレットペーパーが韓国中で巨大な悪を生み出し、世の中のトイレ秩序を乱していたのです。

 

 

 

そこで、私は正義のために戦うことを決意しました。

 

 

こいつを…

 

 

f:id:satokai0216:20160911003435j:plain

 

 

 

 

秩序ォ!!!

 

 

 

 

f:id:satokai0216:20160911003443j:plain

 

 

どどーん!

トイレットペーパーをあるべき姿に戻してやりました。

これで人々は安心してこのトイレの紙を巻き取ることができるはず。

 

よかった。韓国人、本当によかった。

 

 

 

ですが、まだまだ韓国全土に広がる闇は大きい。

 

 

あるお洒落なカフェのトイレットペーパーもこのありさまだ…

 

f:id:satokai0216:20160911003451j:plain

 

 このままでは韓国に遊びに来た外国人がお尻を拭けなくて死んでしまう。

 

だからこいつを…

 

 

秩序ォォォオオオッ!!!

 

 

f:id:satokai0216:20160911003457j:plain

 

 

どどーんっ!!!

 

よかった。このカフェの秩序も守られた。

 

 

だが、まだまだ。

 

 

f:id:satokai0216:20160911003435j:plain

 

 

 

秩序ォォォオオオオオオッ!!!

 

 

 

f:id:satokai0216:20160911003443j:plain

 

どーんっ!!!

 

 

f:id:satokai0216:20160911221333g:plain

 

 

見てください、この巻き取りやすさ!!

 

やはりトイレットペーパーはこうでなければならない。

 

あなたの家のトイレは大丈夫ですか?

 

もし秩序が乱れているようなら、今すぐ紙の向きを変えましょう。

 

お困りでしたら僕をお呼びください。

韓国ソウルで開催中のteamLab Worldはやっぱり以上に凄かった。

お台場のDMM.PLANETが凄すぎたので、

韓国で開催中のteamLab Worldにも行ってみました。

2016年8月にオープンしたばっかりらしい。

 

詳細はこのサイトを見てほしい。

www.team-lab.com

f:id:satokai0216:20160911013430j:plain

 

もうね、めちゃくちゃ凄かった。

 

チームラボはやっぱり凄かった。

 

いや、やっぱり以上に凄かった。

 

f:id:satokai0216:20160911013448j:plain

 

入場料金は、日本円でだいたい、大人2000円、子供2400円。

 

子供料金の方が高い施設なんて初めて見た。

 

 

 

 

 

teamLab Worldでは、いくつかのデジタルアート作品を体感しながら館内を歩いて進んでいきます。

 

その中でも特に感動した作品の紹介をしていきます。

 

 

 

 

 

お絵かき水族館/ Sketch Aquarium

f:id:satokai0216:20160911013913j:plain

 

これはね、お絵かきの生き物が命を持って動き出すっていう子供の夢を叶えてくれる魔法の世界。

 

 

 

 

 

f:id:satokai0216:20160911014431j:plain

 

まずはこんな風に、生き物に色を塗る。

 

f:id:satokai0216:20160911014609j:plain

 

そして描いたものをスキャンする。

 

そうすると、可愛らしい海の生き物が壁に映し出された海の中を泳ぎ出す。

 

 

そう、可愛らしい海の生き物たちが…

 

 

 

生き物たちが…

 

 

 

f:id:satokai0216:20160911014806p:plain

 

 

…これはきっと、逆さまパイナップルの化け物。

 

 

 

 

僕も描いてみました!

 

f:id:satokai0216:20160911015055j:plain

 

選んだのはこの形。

 

慎重に色を塗っていきます。

 

f:id:satokai0216:20160911015140j:plain

 

 

 

そして完成したのがこれ。

 

 

 

 

f:id:satokai0216:20160911015223j:plain

 

 

 

 

名前もいれてみました。

 

 

 

うーん、愛らしい表情。

 

 

 

さっそく、このお魚さんを泳がせてみたいと思います!!

 

 

 

f:id:satokai0216:20160911020754g:plain

 

 

 

 

 

もうなんていうか、かなりキモかった。

 

 

 

もういいや、なんか、他の紹介する気持ちを吸収された…

こいつ、エナジードレインするぞ…

 

そんなこんなで、teamLab Worldはやっぱり以上に凄かった。

韓国まではさすがに行けなくても、日本でもいろんな所で開催しています!

 

めちゃくちゃ面白いのでぜひぜひ!

 

 

よかったらクラウドファウンディングの応援よろしくお願いします!

camp-fire.jp

 

 

 

なぜクラウドファウンディングで卒業旅行に行こうとするのか(後編)

〜前編のおさらい〜

僕が挑戦中のクラウドファウンディング企画『チョンマゲ卒業旅行』は

とにかく応援する価値のないプロジェクト

 

僕がこのプロジェクトを人の金で成功させようとする、その理由とは?

涙なしには語れないこともない、その真相と深層に迫る。

 

camp-fire.jp

 

 

アホ①人の金で旅行に行こうとしてる。

 

アホ②チョンマゲになるだけでお金がもらえると思っている

 

アホ③治安の悪いブラジルで悪目立ちしようとしている。

 

アホ④リターンがめちゃくちゃイケてない。

 

 

 

それでも僕が、

クラウドファウンディングを使う理由

f:id:satokai0216:20160910230746j:plain

 

 

理由① 後に引き下がれない状況を作るために。

「でも、もうやるって言っちゃった。」この言葉は大きな推進力になる。

気の弱い自分の尻を叩くために、そして人から僕のお尻を叩いてもらうために、最初に大きな声で宣言することを決めました。

 

だから、僕が有言不実行に向かっていたら遠慮なく尻を叩いてください。

 

右でも左でも好きなほうの尻を叩いてください。

右のほうが叩きやすくなってます。

1回叩くたびに3000円の支援をいただきます。

 

 

 

 

理由② これまでの自分を認めるために。

 

価値のない企画にお金を出してもらうためにはどうしたらいいのか。

 

 

こればっかりはもう、僕自身にお金を出してもらうしかない

 

「僕がやることは絶対に面白いから、だから僕を信用してお金を出してください!」

なんの根拠もないこの言葉を信じてもらわなければならない。

 

僕にとってこのプロジェクトは言い訳のできない挑戦です。

 

 

支援をしてもらうためには、僕自身への期待を勝ち取って「ブラジルでもチョンマゲでもなんでもいいけど、こいつのことは応援してやろう」って思ってもらわないといけないです。

 

だから、このクラウドファウンディングはオンライン上でのPRも行うけれど、それはあくまで認知のためでしかなくて、信用を勝ち取るためのものではない。

 

「信用される者」と書いて「儲ける」。

僕はどれだけ、「面白い」を届けることができる人間だと信用されているのだろうか。

僕は僕の21年間を信じて、期待して挑戦します。

 

 

 

クラウドファウンディングはお金の受け皿です。

もし応援してくれる人が現れたとき、お金を僕に送るのに最も簡単な手段が、今はクラウドファウンディングだと思っています。

 

絶対にブラジルにいきます。

だから、どうかご支援よろしくお願いします。

 

sugar-open.hatenablog.com